2007年06月20日

合同会社と株式会社の違い

合同会社と株式会社の違いについてですが、直感的には、合同会社は個人的で自由、株式会社は組織的で規則的です。

たとえば、役員の設置については、合同会社は自由ですが、株式会社は会社法に基づく設置が必要ですし、配当については、合同会社は自由ですが、株式会社は出資額に応じることとされています。

合同会社は、小規模な会社を想定しているため、定款自治といって、会社法のルールではなく、会社が定めた定款のルールをより優先して適用することで、自由な経済活動ができるようにする、という考え方に基づいています。

一方、株式会社は、大規模になる場合もありますので、会社法である程度のルールが定められています。

ただ、合同会社も株式会社も、会社であることは同じであり、出資者は有限責任といって、出資額以上の責任を負うことはない、という点は同じです。

また、法的な違いにくわえ、社会的な認知度・イメージの違いもあります。合同会社は新しい会社形態であるため、社会的な認知度はあまり高くありません。
ラベル:合同会社
posted by 合同会社 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。