2007年07月04日

合同会社の社員

合同会社の社員というとき、従業員とは違います。

合同会社の社員は、合同会社に資本を出資し、通常は業務執行も行う人のことです。

株式会社では、株主・役員に相当するものです。


一方、従業員は、合同会社と雇用契約関係にある人のことです。

一般に、ある会社の社員というと、従業員のことを考えてしまいますので、言葉の使い方として、注意が必要ですね。

合同会社には、社員は必要ですが、従業員は必要ではありません。従業員を雇うことはできます。


合同会社を設立するときなど、社員という言葉がでてきたら、正しく社員の意味で使っているのか、一般的な従業員の意味で使っているのか、確認するのが確実です。
posted by 合同会社 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46657833

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。